トイレリフォームのメリット

トイレリフォームのメリット 同じトイレを長年使い続けている家庭では、そろそろトイレリフォームを考えていることも少なくはないのではないでしょうか。トイレを10年以上も使い続けていると、故障や思わぬ不具合が起こってしまう可能性が高まります。使用頻度が高いものですし、耐用年数にも限りがありますので、新しいトイレに交換して故障や不具合を未然に防ぎましょう。
洋式便器同士の交換はもちろん、和式便器から様式便器への交換、小便器の交換など、トイレリフォームには様々な形があります。トイレを新しくリフォームすることには、生活に嬉しいメリットがたくさんあります。


■節水につながる

トイレは昨今の各メーカーの企業努力による技術革新で、少しの水量でも十分に排せつ物が流せるように進化を遂げています。10年前の便器の半分以下の水量で流せるトイレも開発されているほどです。新しいトイレに交換することは、節水の面で高い効果を発揮できます。
家族の人数が多い家庭では水道代の30パーセントをトイレが占めているということもあります。大家族であればあるほど節水できるトイレの効果は高くなります。家庭によって1万円以上の節水ができる場合もあります。水道代の節約や地球環境への配慮など、様々な面からみて節水ができるトイレリフォームのメリットは大きいでしょう。各メーカーが節水できる便器を開発していますので、節水できる量がどれほどかということは、新しいトイレをどれにするか決める際の参考になります。

■掃除が楽になる
日常のトイレ掃除は、隅々の汚れまで取るのが意外に大変な作業でもあります。最新のトイレでは、掃除が面倒な便器のフチ裏の部分がなく拭き取り掃除だけで汚れが取れやすい形状タイプのものも発売されています。タンクレストイレは、便器の後ろ側にタンクがないため省スペースで見た目がスッキリしているだけではなく、掃除がしにくいタンクの後ろ側の拭き取り掃除から解放されます。また、便器の表面の特殊な加工によって汚れが付きにくい便器もあります。この表面加工のやり方は、各メーカーによって異なります。
ウォシュレットトイレでも、自動的に掃除をしてくれる機能が付いたものがあります。自動泡洗浄機能や、汚れをガードしてくれる機能が付いたものもありますので、トイレ掃除がとても楽になります。

■ウォシュレットトイレは高機能で省エネ

トイレの中でも温水洗浄暖房便座、いわゆるウォシュレットトイレの技術の進歩は目覚ましいものがあります。多彩な洗浄パターンを搭載していて、リモコンのボタン一つの簡単な操作で便利な機能を使うことができます。
ウォシュレットトイレは省エネ設計のものも各メーカーから開発されていますので、電気代もお得に使うことができるようになってきています。便器のフタを開けっぱなしにしてしまうことで便座のヒーターの温度が逃げないよう、便器のフタを自動で開閉する機能が搭載されたタイプも増えています。そのほかにも、お湯を使うときだけ温められるタイプのものや、その家庭のトイレの使用頻度を記憶してヒーターを自動調整する機能をついたものなど、省エネの工夫が施された便器が多く開発されています。高機能で省エネ設計のトイレは、電気代の節約にも一役買ってくれます。

■まとめ
トイレは毎日、何回も使うものですので、快適なことに越したことはありません。もしも10年使っているトイレから、使う人のことを考えてデザインされた最新のものにトイレリフォームすれば、技術の進歩に驚かされることでしょう。
トイレに新たに手洗いが欲しいといった要望も、リフォームで叶えることができます。最新のトイレを自宅に導入して、よりよい生活を手に入れましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース